育毛剤サイト

大手メーカーの育毛剤

さまざまな育毛剤が出ていますが、名前はよく聞く大手メーカーの育毛剤でも、その成分や効能についてはあまり詳しく知らないという人は多いと思います。そこで、大手メーカーの育毛剤を少し紹介してみましょう。

・リアップ(大正製薬)
発売開始は1999年です。日本初のダイレクトOTCとして承認を受けた発毛剤で、有効成分はミノキシジルです。ミノキシジルは世界中(約90ヵ国)で利用されている育毛成分で、フィナステリド(プロペシア)とともに、発毛効果のある医薬品として、アメリカ食品医薬局(FDA)が認可しています。リアップのミノキシジル含有率は1%ですが、2009年6月1日より、ミノキシジル5%のリアップX5(エックスファイブ)が販売開始されました。ミノキシジル5%製剤を海外から個人輸入する人がいますが、リアップX5の発売により、わざわざ個人輸入する必要がなくなりました。

・カロヤン(第一三共ヘルスケア)
第一三共ヘルスケアのカロヤンシリーズは、リアップやプロペシアと同じく、数少ない医薬品の発毛剤です。有効成分は塩化カルプロニウムで、リアップのミノキシジルと同様、頭皮の血管を拡張し、血流を促進することにより、発毛を促します。カロヤンシリーズには、5つの育毛剤の他、育毛トニックや育毛シャンプー・コンディショナーのラインナップがあります。カロヤンは壮年性脱毛症、円形脱毛症、粃糠性脱毛症、びまん性脱毛症に効果を発揮します。毛根の血管を拡張させ、血流を増加させる塩化カルプロニウムをはじめ、カシュウ、チクセツニンジン、ヒノキチオールなどの成分を含みます。

・毛髪力(ライオン)
ライオン株式会社の育毛剤で、毛髪力ZZZと毛髪力INNOVATEの2つの商品があります。有効成分は6-ベンジルアミノプリンとペンタデカン酸グリセリドです。6-ベンジルアミノプリンは髪の成長に必要なタンパク質の生成を促進し、発毛促進シグナルを増幅すると言われています。この発毛促進シグナル増幅が毛髪力のセールスポイントです。ペンタデカン酸グリセリドは、毛母細胞を活性化して、発毛を促進する働きがあります。6-ベンジルアミノプリンが採用されるまで、毛髪力シリーズの主成分でした。

・モウガ(ツムラサイエンス)
漢方のメーカーであった株式会社ツムラが前身であったことから、得意の生薬を生かした育毛剤を作っています。有効成分が生薬100%であることがセールスポイントです。

・アデノゲン(資生堂)
有効成分はアデノシンで、発毛促進因子を作り出し、毛母細胞を活性化して発毛を促進します。男性用の薬用アデノゲンと、女性用の薬用アデノゲングレイシィがあります。
育毛剤に種類があるように、育毛シャンプーにもいろいろな種類があります。
育毛シャンプー選びに迷ったら、返金保証付きの育毛シャンプーをおすすめします。

Main Menu