育毛剤サイト

飲む育毛剤

育毛剤といえば、頭皮にふりかけて使う外用薬が一般的ですが、「飲む育毛剤」が実はとても効果的なのです。飲む育毛剤は、薄毛や抜け毛を改善する内服薬です。最近では、男性型脱毛症(AGA)の治療のために飲む育毛剤を処方されることも多くなっています。

飲む育毛剤のメリットは、外用薬に比べると即効性があり、効果が大きいという点です。外用薬は頭皮の毛穴から成分を浸透させるというものですが、実は体内吸収率はそれほど高くはないのです。飲む育毛剤は、有効成分を飲んで直接体内の取り込むことができるので、効き目が出るのが早く、効果も大変高いと言われています。実際にミノキシジルを使った外用薬と内服薬を比較してみると、外用薬より内服薬のほうが生え際の薄毛に効果があるという報告があります。

代表的な飲むタイプの育毛剤は、男性ホルモン抑制効果のある「フィナステリド」を配合している「プロペシア」です。2005年に日本でも認可を受けることができ、皮膚科などの病院で処方が許可されたものです。フィナステリドは男性型脱毛症(AGA)の原因である男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」を抑制する効果があり、脱毛の原因を作らせないようにする働きがあります。プロペシアは、患者に対しての有効率は98%と高いため、とても期待が持てる育毛剤です。完全に脱毛する前の脱毛が進行している状態が最も効果が高く、治療だけでなく予防にも効果があります。しかし、気をつけなければならいのは、効果があるのはホルモンによる薄毛を誘発する男性型脱毛症であり、その他の脱毛症には効果は期待できないということです。当然、男性型脱毛専用ということで、女性は使用することはできないので注意してください。

他にも、血管拡張成分である「ミノキシジル」を配合した「ロテニン」や、ミノキシジルタブレットなどがあります。ミノキシジルの血管拡張作用により、頭皮の血行が促進され、頭皮の血流が増加します。これにより、血液中の栄養分が頭皮の中にある毛乳頭に行き渡り、毛髪の育成を促進します。

育毛剤と育毛シャンプーの違いはこちらをご覧ください。

Main Menu