育毛剤サイト

育毛剤が効かない理由

育毛剤を使い続けているけれど、思ったほど効果が得られないと感じている人もいるのではないでしょうか。育毛剤の効果が薄いと感じる人の共通点としては、「頭皮に炎症、かぶれなどがある場合」、「身体の栄養管理ができていない場合」、「継続使用6ヶ月~1年未満でやめてしまう場合」の3点が見受けられます。

頭皮の環境が悪いと、育毛剤の効果がなかなか得られない場合が多いです。頭皮を畑に例えるなら、髪は作物です。荒れた畑に作物が実らないのと同様に、傷んだ頭皮には健康な髪は育ちません。薄毛に悩む人の約8割は、頭皮に何らかの以上が見られると言われています。頭皮に炎症やかぶれや湿疹などの症状がある場合は、まず頭皮の状態を正常に回復させてから育毛剤を使用するようにしましょう。また、育毛剤は程度の差はあるものの頭皮に刺激を与えるものです。そして育毛剤はローションに属します。ローションには皮膚を保護したり補修したりする作用がないので、もし自分の肌に合わないと感じたならば、どんなに高価な育毛剤であっても頭皮を傷めてしまう可能性があるため、使用をやめましょう。肌に合わないと感じたら、医師に相談するか、別の育毛剤に変えるようにしてください。

また、通常の育毛剤は、頭皮の血管を拡張して、血行を良くし、毛根に栄養をより多く届けることを目的としています。つまり、育毛剤は髪に直接働きかけているのではなく、人間に本来備わっている自然な発毛、育毛機能をよりスムーズにするための補助としての役割をしているのです。そのため、体にしっかりと栄養が行き届いていない場合は、せっかくの育毛剤の補助も効果を発揮することができません。そのため、まずは正しい栄養補給をすることこそが育毛の第一歩だと考えて下さい。野菜や果物といった直接的な食事にプラスして、食事では補いきれない育毛の必須栄養素を含んだ育毛サプリメントを併用することも効果的です。
また育毛シャンプーの併用もおすすめです。効果のある育毛シャンプーの選び方はこちらをご覧ください。

Main Menu