育毛剤サイト

育毛剤の種類

育毛剤にはさまざまな成分が含まれ、その成分によって効能も異なります。育毛剤は作用で分類すると、「男性ホルモンの働きを抑制する」「頭皮の血液循環を改善する」「毛母細胞を活性化する」「傷んだ頭皮を改善する」「体内の発毛環境を整える」という5つに分けることができます。育毛剤は、これらのひとつの役割を有しているか、これらのいくつかを組み合わせることによって特徴を持たせています。

男性ホルモンが男性型脱毛(AGA)を引き起こす仕組みは、男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという変換酵素の働きでデヒドロテストステロンというホルモンに変換されることによります。このホルモンが脱毛を引き起こすと言われています。そのため、男性型脱毛を予防するには、男性ホルモン抑制成分が含まれた育毛剤を選ぶようにすると良いでしょう。

頭皮の血液循環の悪化が原因となっている脱毛には、血液循環を良くする成分が含まれている育毛剤が効果的です。髪に必要な栄養を毛母細胞に供給するのは血液です。血液循環が悪くなると、毛母細胞にしっかりと栄養が届けられなくなり、その結果抜け毛や薄毛になると言われています。塩化カルプロニウムなどが含まれた育毛剤が効果的です。また、頭皮の血液循環が悪くなる理由のひとつとして、硬くなった頭皮があります。頭皮を柔らかくすることも、血行促進には重要なので、頭皮を柔らかくする成分(温泉水のミネラルなど)が含まれた育毛剤もおすすめです。

毛根に直接働きかけ、毛母細胞を活性化する成分が含まれた育毛剤は、いろいろな原因による脱毛に効果的です。国際特許成分である長鎖分割ポリリン酸は成長因子FGFを安定させ、発毛指令をダイレクトに毛乳頭へ届けることができるため、この成分が含まれている育毛剤は毛母細胞活性化に効果があります。

また、傷んだ頭皮を改善する育毛剤もあります。健康な髪は健康な頭皮に育つため、育毛はまず頭皮の改善から始まるといっても良いでしょう。育毛剤と共に育毛シャンプーなども併用し、傷んだ頭皮を改善するとさらに効果的です。馬油が成分として含まれているものは効果的です。

体内の発毛環境を整えるタイプの育毛剤は、育毛剤というより育毛サプリメントのほうが多いかもしれません。今最も注目されているのは、血液学の研究から生まれた育毛サプリメントです。毛根に栄養を運ぶのは血液であるため、まず血液を改善することかが考えるというもので、体の機能を正常に整え、美しく元気な髪を保つことができます。

育毛シャンプーにも種類があるのでこちらをご覧ください。

Main Menu