育毛剤サイト

育毛剤の比較

育毛を目的としているものには、「育毛剤(医薬品)」「育毛剤(医薬部外品)」「育毛サプリメント」「育毛シャンプー」の4つの種類があります。どれも目的は育毛であることには変わりありませんが、それぞれに特徴があり、育毛のためにどれを選ぶかは、それぞれの効能や自分の脱毛の原因や状態によって考えると良いでしょう。

医薬品とは、配合されている有効成分の効果が認められている薬のことです。フィナステリド(プロペシア)、ミノキシジル(ロゲイン・リアップ)、カロヤンなどが医薬品の育毛剤です。医師の診断や処方箋を必要とするものが医療医薬品で、店頭で購入可能なものが一般医薬品(第1類、第2類、第3類)です。

フィナステリド(プロペシア)は医療用医薬品で、日本で使用する場合には医師の診断と処方箋が必要です。これは重篤な副作用などの危険を回避するためです。
薄毛や脱毛に効く方法はこちらのページをご覧ください。
店頭で購入可能な医薬品は、消費者に対する情報提供の必要度の程度によって、第1類、第2類、第3類と分類されています。第1類医薬品は薬剤師が常駐する店舗でしか販売できません。育毛剤では唯一リアップのみが第1医薬品に指定されています。薬剤師から文書にて使用上の注意などの説明を受けなければ購入することができません。

第2医薬品は、薬剤師または販売登録者からのみ購入が可能です。副作用など安全に注意が必要とされています。カロヤンシリーズの一部が第2医薬品になっています。特に注意を要するものは指定第2医薬品とされています。

第3類医薬品は安全性に多少の注意を要する医薬品です。医薬品の中で通信販売が認められているのは第3医薬品のみです。カロヤンシリーズの一部が第3医薬品になっています。

医薬部外品とは、効果が認められている成分を含んでいるが、必ずしも効果が得られるものではなく、効果が期待されるものとされています。頭皮につけるタイプの育毛剤は、ほとんどが医薬部外品になっています。通信販売で購入できることもあり、M-1発毛育毛ミストやポリピュアなどの人気商品があります。

育毛シャンプーの人気ランキング比較はこちらをご覧ください。

Main Menu