育毛剤サイト

フィナステリドの効果と副作用

フィナステリドは、米メルク社が開発した抗アンドロゲン薬の1つであり、テストステロンをジヒドロテストステロンへ変換する酵素である5α還元酵素を阻害することによって作用します。前立腺肥大症に対して低用量で、前立腺癌に対しては高用量で使用されます。また、男性型脱毛症(AGA)の治療薬として、プロスカー、プロペシアの商品名で多くの国で発売されています。日本ではプロペシアのみが米メルク社の日本法人であるMSD社から発売されています。FDA(アメリカ食品医薬局)に認可されている育毛医薬品は、ミノキシジルとプロペシアだけです。

プロペシアは1日1錠内服の「飲む脱毛抑止剤」です。男性ホルモンによる脱毛作用を抑止するものであり、決して発毛に作用する薬ではありませんが、臨床試験を行ったところ、服用者の多くにある程度の発毛が認められています。日本では2005年12月に万有製薬(現MDS)から発売されました。海外では既に60ヵ国以上で承認されています。DHT(ジヒドロテストステロン)という髪の成長を妨げる原因物質を抑止することで、効果を発揮しています。

男性型脱毛の原因は遺伝の他にDHTという物質が考えられます。この物質は、思春期以降に男性型脱毛症、前立腺肥大症、ニキビなど、好ましくない症状を引き起こすことがあります。フィナステリドは5α還元酵素を阻害し、男性型脱毛症の原因物質であるDHTの生産を抑えることで効果を発揮します。男性型脱毛症は、時間とともに進行していくものであり、髪が薄くなっていくことを抑える事がまず大切です。フィナステリドは、98%の人に3年間効果がありました。また、髪が増えてくる人も多く、国内の臨床試験では半年で48%、1年で58%、2年で68%、3年で78%と髪が増える人が経時的に増えていきました。また髪の質(長さや太さ)なども改善することが明らかになりました。頭頂部だけでなく、髪の生え際などの前髪にも効果が見られることが、従来の育毛剤とは異なります。

フィナステリドの副作用は少ないですが、胃部不快感や性欲減退などの副作用がみられることがあります。

Main Menu